保育士国試対策講座

保育士国家試験“実技試験合格指導”

※保育士実技試験の課題曲「♪おかあさん」「♪アイアイ」を徹底的にモノにできるよう、丁寧に指導します。

少人数 マンツーマン… 希望を選べます。
平日夜間又は土日祝日等、希望を伺って、スケジュールご予約承ります。希望の日時をご相談下さい(予約制)。
(お電話でお願いします。TEL090-5492-3457
メールの場合は折り返し致します→eiyo@eiyo3.jp)及びeiyocentraljapan.4@docomo.ne.jp両方に送信ください。

栄養セントラル学院の音楽表現(弾き歌い)レッスンの特徴は、保育士実技試験に特化した内容であることはもちろん、ピアノの技術面もさることながら、音楽表現実技試験で重視される“歌う”ことを徹底的に完成度の高いものへと導くことに力点を置いた質の高い指導にあります。

音大(声楽科)卒のベテランの音楽指導講師が、”保育士実技試験”に合格するための“歌い方”を個々人の声質やレベル等に併せて、やさしく指導します。他にはないノウハウがここ栄養セントラル学院には、あります。ピアノの技術面も歌唱指導も同じレッスンの中で同時に受講できるので効率よく合格に近いレッスンを受けることができます。

栄養セントラル学院の音楽表現実技試験対策では、すべての年度・実施回で不合格者を1名も出したことがありません! 音楽実技表現(弾き歌い♪)で、これまで毎年全員合格(ひとりも不合格を出していない!)をキープしてきた秘訣は、どこを押さえれば合格できるかを知り尽くした栄養セントラル学院の試験対策のノウハウがあるからです。音楽表現実技試験を熟知した試験対策指導員が、個々の実技レベルを丁寧に分析し、受験生一人一人に合った楽譜の選別から指の運び、声楽的視点からみた歌い方まで、丁寧に対策できる合格メソッドにもとづいたノウハウがここ栄養セントラル学院にはあります。
絶対に合格したい方、ベテラン講師と二人三脚で、一緒に頑張りませんか。
たとえば「楽譜選び」も「試験当日の身の振り方」も「自己練習の正しい方法」も…。
栄養セントラル学院なら、保育現場で役立つ幅広い技術を学ぶのではなく、 「どうしたら加点されるか(合格点をタタキ出せるか)」という割り切った視点で進めます。
そのため、少ない受講回数で合格レベルに達する方もいます。早くに合格レベルに達した方は、必要以上に通って戴かなくても大丈夫です。



音楽表現実技試験毎年100%合格!これまで音楽表現実技試験で一度も不合格者を出したことが無い栄養セントラル学院の実技指導ノウハウを集結して、皆さんを今回も音楽表現実技試験全員合格に導きます!

音楽表現の試験対策部門と、言語・造形表現の試験対策部門は別の専任指導員がそれぞれ担当制を敷いてご指導にあたっています。音楽表現の試験対策部門は、独立したご案内になりますので、こちらのコーナーでは、音楽表現の実技対策指導についてご案内致します。
音楽表現実技試験の実際では、いかに実技試験に向けて受験者が準備を丁寧に行ってきたかが問われることになります。短い時間のその一瞬で合否が決まる実技試験の大舞台では、緊張感に包まれますから、メンタルな部分のコーディネーション迄をも丁寧に準備して臨むことが大切です。
栄養セントラル学院の定評のある実技試験対策指導をぜひご受講戴き、ご一緒にEiyoで「着実合格」にむけて、頑張りましょう。
ご不明な点等ございましたら遠慮なくお気軽におたずね下さい。

【ピアノ弾き歌い実技試験対策レッスンのご案内】

音楽表現(ピアノ弾き歌い)の合格点をとるために、欠かせない大事なステップがあります。
それは、課題曲を弾き始める前に、弾き歌いしやすい楽譜を精査することです。
この作業がとても大事です。原曲キーをそのままの演奏でいくのか、移調して声が無理なく出やすい音域にアレンジした演奏でのぞむのか、個々のレベルや練習環境等にあわせて、ベストな状態を決定していきます。
原曲演奏と移調アレンジ演奏のそれぞれの特徴を確認しながら、受験生が弾きやすく歌いやすい形に声楽を知り尽くしたプロの音楽講師が色々と本番を想定してアドバイスしていきます。
音楽表現実技試験合格者を毎年輩出している栄養セントラル学院の100%合格実績と独自の指導ノウハウをもって、平易な伴奏で無理無駄なく合格できるよう、合理的に合格へと導きます。

まず、初回レッスンでは合格に向けてどのような形でいくのがよいか、個々に合わせた「作戦を練る」ことから一緒にはじめましょう。合格のためには、ピアノの技術レッスン一本やりではなく、歌を無理なく合格レベルを意識して歌えることが大事です。そしてそのための伴奏づくりは欠かせません。合格のカギは正しい手順で無駄無理のない練習をしてのぞむことです。ただやみくもに弾いて練習するのではなく、合格するために必要な視点をしっかり押さえて確認したのち、正しく無理のない練習を丁寧に最後までやり通すことが賢明なのです。

予約が埋まっている日時もありますが、極力ご希望の日時・曜日・時間帯を調整してお受けできるようにいたしております。
ご予約はお早めにお願い致します。
又、レッスンは適当な間隔を程よく開けてお入れになることをお勧めしますが、忙しい方や遠方の方は集約してレッスンが受けられるような組みたても可能な限り、調えております。

全てのレッスンが予約制になっておりますので、先ずはメールまたは電話で予約をお入れ下さい。すでに、内部生で予約が埋まる時間帯がありますので、その時間帯につきましては、キャンセル待ち受付等となります。ご了承ください。

初回のレッスン時には、
最初に全員必ず[ガイダンス]を受けて戴きます。ガイダンスの目安時間は10—30分程度です。
*ガイダンスでは、栄養セントラル学院保育者養成科の講師であり、音楽表現実技試験対策に毎年携わり合格者を輩出している講師から、合格に向けて大切なことがらを漏れなくお伝えしつつ、受験生の状況レベルなどを聞き取っていきます。
ガイダンスでは...
*試験では、どのレベルが求められているのか、正しくお伝えし、確認します。
*どのような準備が必要かを、確認します。
*音楽表現(ピアノ弾き歌い)実技試験は、どのようにして行われるのか、その一連の流れを本番になぞりながら、確認します。
音楽表現(ピアノ弾き歌い)実技試験に合格するための全てを正しく丁寧に確認したら、いよいよレッスンに入りましょう。
尚、保育士実技試験対策のうち、「言語表現」・「造形表現」については、担当部署がことなります。別途の専任の講師にて承ります。

[お振込先]
★ゆうちょ銀行 記号10550 番号69839051
★三菱東京UFJ 銀行 津田沼東支店(普)3655103
★みずほ銀行 船橋支店(普)8094502
 口座名義:株式会社栄養セントラルジャパン

※振込等手数料は受講生のご負担となります。
入金後のご返金は理由の如何を問わず行いません。
ご了承の程、よろしくお願いいたします。

尚、「音楽表現」以外の他の実技科目を、同一日程に揃え、2実技を組み合わせて、言語表現・造形表現と音楽表現のレッスンを連続セット受講して戴くことも可能な場合がございます。スケジュールは音楽表現担当講師と、言語表現・造形表現担当講師とで共有しながら、少しでも受講される方にとられまして、負担の少ない形をとらせて戴きたいと思っております。

○委細、予約可能日時等についてはお気軽にお問い合わせください。

レッスンの形態は、
マンツーマン(1対1)の個別指導や 先生1名に⇔同時に2名で行うペアレッスン、先生1名に⇔同時に3名以上で行うグループレッスン等を組み合わせる等、一番良い組み合わせを整えるスタイルです。
2名以上で実施の場合は、1レッスンの時間数が少し長くなりますが、料金は変わりません。
1回のレッスン受講時間目安(あくまで目安です)は、
個別指導(1対1)は、30分、
ペアレッスン(2名)は45分、
グループレッスン(3名~)は50分~です。

[手順1]はじめのレッスンを受講スタート!

初回レッスンは、音楽講師とご一緒に、実技試験合格に向けて、初級・中級・上級レベル等ご自分に合った課題曲の弾き方、歌いやすい曲へのアレンジ等を、決めて行きます。その上で、ムリなく高得点で合格に結びつく” ぴったりの楽譜選び”から本格的な練習に向けての形を整えていきます。上手に間違わず歌いやすく弾ける方法をたぐり、ブレの無い練習法のあたりを付けて行きます。(*楽譜選びは合格をするうえでとても大事です!受験生オリジナル、あなただけの弾きやすい形を、希望を伺いながら、レベルを確認しながら手繰ります)
ピアノの弾く技術も大事ですが、歌うということ、そして、弾く姿勢や、リズムや速度、抑揚等のとりかた等、全体を正しく完成度の高い状態に仕上げていくことが大事という視点にたって、バランスを整えていきます。

[手順2]

自宅で練習してきたことを、細部にわたって講師がチェックしながら、完成度を高めていきます。
この回数には、個人差があり、1回~複数回とばらつきがあります。平均的には2~3回で大丈夫な方が多いです。

[本番さながらの環境設定:本番試験タイプ模擬レッスン] ※直近月に集中的に実施

総仕上げに、本番さながらの環境設定下で、講師が実際の試験監督官ともなり、待ち合いから、試験会場の入退室の仕方、立居振舞などの一連の流れをみて丁寧にアドバイスを行います。演奏をすべて本番通りに弾きながら歌い、細部にわたって講師から合格に必要な生のアドバイスを付けていきます。メンタルな部分までトータルにカバーできる、とても力になるまさに本番同等試験タイプの模擬レッスンです。
実際の分数は、1回30分~60分の間(人数等により分数は異なります)で、仕上がり具合や人数によって前後します。少グループで一つ一つを丁寧に、文字通り総仕上げをして、万全の態勢で本番にのぞめるように準備をします。この本番同等試験タイプ模擬レッスンは受験生にとって欠かせない大事なレッスンですから、ぜひ1度は受けてから試験会場に向かいましょう!

後期試験に向けて…最後の仕上げ!
本番同等模擬試験&総仕上げレッスン
試験本番さながらの環境で最終チェックを行います。

少数グループで、先ずは本番同等の環境設定(試験官等が居る状態/受験票を用意して待合~実際に入室~弾き歌い~おじぎをして退室するところまで)で、リアルな空気感を体験して戴く共に、どこが仕上がっていないのか、最終チェックをして、確実に合格できるよう準備します。また、ほかの受験の様子を第三者として観察することが合格の大きな助けとなります。実技スキルもさることながら一連の流れを確認し、様々な試験会場に対応できる心の準備が本番にとても役立ちます。
ピアノ演奏技術に対しても歌に関しても、保育士国家試験合格に必要なノウハウのすべてを惜しみなく音楽講師(これまで一度も不合格者を出していない毎年100%合格の実績を持つ)が丁寧にアドバイス、繰り返し指導し、本番後期試験に備えます。

[本番同等模擬試験&レッスン]又は[個別レッスン]のみ単発でもお申込み戴けますが、その場合にも、初回登録料が別途必要です。

初回登録料
一般5,800円/卒業生3,800円

♪個別レッスン 
2回~3回程度が平均的です
☆ピアノを弾く技術と歌唱技術の両面から弾き歌いを総合的に指導いたします
単発 4,320円税込(4,000円)@30分

♪本番同等模擬試験&レッスン 1~2回の受講をお勧めします
単発 5,720円税込(5,300円)30分~

※人数等により指導時間は変動します

1回のレッスン受講時間目安は
個別指導(1対1)…30分、
ペアレッスン(2名)…45分、
グループレッスン(3名~)…50分~です。

[オプション自主練習もOK]

希望者には、電子ピアノやアップライトピアノで練習もして戴けます。
平日及び土日祝祭日 7:30-19:30の間の25分単位。※基本ヘッドフォン着用でお願いします。

アップライト使用
25分 1,080円税込(1000円)
電子ピアノ使用
50分 1,080円税込(1000円)

レッスンは、可能な限り試験本番ギリギリまでお受けします!
委細はお気軽にお問い合わせください。



「個別弾き歌いレッスン」では、
歌いやすい楽譜を選ぶところから、 声の特徴や弾きクセ、レベル等に合わせ、極力負担少なく合格を目指せるよう、 入念にチェックをしながら、完成させていきます。

「小グループレッスン」では、
実際の実技試験会場をリアルに再現・イメージした会場で、 具体的にどのような表現をしていけばよいのか、 どのような姿勢でのぞめばよいのか、実際に受験票を渡すところから、心得、目線から立居振舞い、までを含ませトータルに、仕上げていきます。



模擬の試験監督員が居る設定で、実際に2曲とも続けて弾き歌いをし、その全体としての技術点を細やかに講師がアドバイスしていきます。
合格るために必要な要素を濃縮した時間です。
実際の保育士実技試験を想定して、合格経験をもつ講師陣から、レッスンでは常に、どこを押さえたら合格ラインに 到達できるのか、どこに意識を配ったら合格を押さえることのできる表現になるのか、個々へのキレのよいアドバイスも無数にちりばめられています。



楽譜について

楽譜は持ち込みでも構いませんが、声のトーン等に合わせて合格に最適な楽譜を検討することからはじめましょう。 入門・基礎から上級者まで、現在のレベルや個性を大切に丁寧に指導します。

例年全員(100%)音楽表現実技試験合格をキープしている栄養セントラル学院だから、自信をもって試験会場に臨むことができるようになるところまで、しっかりサポートします。

尚、少人数制を敷いていますので、お早目のご予約をお勧めします。

[実施日時]

委細については、お問い合わせ下さい。
ご希望の日時を考慮して調整致します。又、お忙しい方や、試験まで日が無い方、遠方の方等は、少ない日程に集中して実施することも可能です。
平日夜間または土日祝祭日等、希望の時間帯でなるべく調整を致します。


お申込み方法

1.お電話でのお申込みの場合

「氏名」「住所」「電話番号」「保育士国家試験実技対策申し込み」「希望の日時(なるべく具体的に)」「お支払予定の金額と入金方法」等をお伝え頂き、 お申込み後、受講料を下記迄お振込み戴くか、現金書留でご送金をお願い致します。現金でのお支払いを希望の場合はお申しつけ下さい。ご入金が確認できましたら「正式申込み」とさせて戴きます。

2.メールでのお申込みの場合

お電話でお申込みの場合と同様の事項を明記のうえ(eiyo@eiyo3.jp)迄送信下さい。
メール送信後、受講料を下記迄お振込み戴くか、現金書留でご送金をお願い致します。現金でのお支払いを希望の方はお申しつけ下さい。ご入金が確認できましたら「正式申込み」とさせて戴きます。

[お振込先]
★ゆうちょ銀行 記号10550 番号69839051
★三菱東京UFJ 銀行 津田沼東支店(普)3655103
★みずほ銀行 船橋支店(普)8094502
 口座名義:株式会社栄養セントラルジャパン

※お振り込みの場合、振込等手数料は受講生のご負担となります。
入金後のご返金は理由の如何を問わず行いません。
ご了承の程、よろしくお願いいたします。






  • プリントアウト用PDF
  • 保育士試験資格について
  • 実技試験対策について