管理栄養士国試対策講座

2019(H31)年3月の試験合格を目指して、すぐ学習が始められます。

管理栄養士国家試験 この秋から入学をお考えの方へ

栄養セントラル学院で在籍の方のほとんどが例年「働きながら」CD聴講を中心に学習されています。

栄養セントラル学院では、CD通信に在籍していても、通学と同じクオリティで学習戴けるスタンダード学習が基本となっています。通える方は単発でお越しになり、教室で個別ポータブル機を使用してCDを聴講することもできます(一部科目はDVD視聴もできます)。


栄養セントラル学院の“わかりやすい”教材で合格

『CD通信』は、「基本のCD教材・資料類・テキスト等」すべて通学と同じクオリティのCD教材が、入学すぐから定期的に届きます(毎月CDが1~3枚届きますのでコンスタントにいつから入学してもばらつきの無い学習が可能です)。

スタンダードCD教材は総数20枚程度(入学時によって枚数は変わりますが、いつから入学であっても全科目全範囲の重点がカバーできる組立になっています)、平均的な送付スタイルとして、1回当たり1~3枚のCDが毎月届きます。
入学月によってセット内容は異なりますが、初回教材はテキストと初回該当月のタイミングで学習すると良いと思われるCD教材等がセットされています。
教材の出来上がりを待たないと学習をスタートできないのではなく、始めたいと思った今、すぐに教材が届き、すぐに「学習がスタート」できるのです。

栄養セントラル学院では、自らテキスト等作成していますので、その年にどのような項目が改訂され、どこが大事であるか、過去問題の精査や時事問題の検証を徹底的に行い、市販テキストを何冊もいろいろな出版社のものを購入したとしても得られない“出る箇所” “覚える箇所” “捨てても良い箇所” を熟知しています。
ですから、やみくもに予習をしたり、分かりにくい市販問題の解説と向き合ったり調べたりしなくても、届くCD教材をコンスタントに聴き、テキストと向き合う、指定された演習問題は必ず解いてみる、このことを守って平時から頑張って勉強して戴けたら、合格ラインは6割以上で合格できるのですから、難しい分野にまでやみくもに手をつけなくても、十分やさしく理解できるところの勉強で、何とか合格を手にすることは出来る運びになっています。

遠方の方も忙しい方も勉強に自信が無い方もブランクのある方にも、皆さん、無理なくこなしていける教材とシステムです。この学習スタイルは、30年間を経た今尚大きく変わっていません。

反復学習(「CD教材を聴く」⇔「問題演習(答案練習)をする」)で解答力をモノにする

栄養セントラル学院のCD教材は、収録公開授業で行われた授業や別収録した授業スタイルの内容をノーカットで収めたものです。ですから、通えない方でも“実際に授業を受けている感覚”で、このCD教材をテキストを見ながら、重要問題に触れ、目で追いながら授業を聴くことで、独学では進まなかった理解が飛躍的に高くなり、勉強がおおいに捗ります。板書もついていますし、リズムよく分かりやすい解説がしっかり耳にひびきます。
CD教材を聴いた後は、その内容の理解を確実に形にし、問題解答力を定着させるため、同じ範囲の問題演習を組み入れています。

「CD教材を聴く」⇔「問題演習(答案練習)をする」、この地道な作業を繰り返すことで合格に必要な一通りの知識レベルが着実に身に着く構成になっています。知識レベルが少しづつ付いていけば、問題を解くスピードも正確さも自然と確実に備わっていきます。


働きながらであったり、忙しいさなかに学習するのは大変な作業でしょうけれど、しかし“急がば廻れ“です。30年間温めてきたこの栄養セントラル学院の学習スタイルで、多くの卒業生が合格をモノにしています。
地道にCD教材を漏らさず聴いて、問題演習(答案練習)を回して下さい。

この反復学習で合格レベルに到達するよう、緻密に熟考した組立て、展開となっていますので、時間を割いて、この作業(勉強)ができれば、数か月の短い期間であっても、十分合格レベルに達し得ます。


テキスト教材は、ロングセラーの“基礎からしっかり学ぼう!管理栄養士国家試験の要点 きそカン(年度版)”と“過去問を中心とした問題群” “重点レジメ”等を軸に、フル活用して進めていきます。
独学では細やかな箇所を見落としがち、難しいところを回避しがち、そんな悩みも無く、着実に問題解答力を身に付けていくことができ、合格を実感できる勉強が可能となります。重点を意識して行われる授業は分かりやすいと定評があります。

講師からのメッセージ

新試験では、より実践的な応用問題が増えています。そのため、どうしてこうな るのかを考える力や、答えを導き出す技能を養うことはもちろん、問題を解く 「スピード」が強く求められてきます。スピードを上げるには、問いに対する解 釈を間違えないこと、つまり何について問われているか本質をすぐにつかむ訓練 が必要です。
とりわけ新ガイドラインに変更となって数年以内のいまこそ、より実践的な力が要求されます。
試験後、答え合わせをして、「あぁ、わかっていたはずなのに…」という思いを した人は、冷静に見直す時間、ひいては解読する力や知識を呼び起こす能力(知 識の定着)が足りないのです。
合格するために必要な力を私たちと共に身につけてください。心を込めて指導いたし ます。そして、合格を共によろこびましょう。本物の管理栄養士を目指して…。


<答案練習&フォローアップ授業>

CD1枚に収録されている時間数は不揃いですが、100分程度です。それを1日或いは数日で聴いていきます。よくありがちな“聴き流すだけ”で英語が話せるようになります、といった趣旨のものではありません。
栄養セントラル学院の教材で合格するためには、テキストの中身を熟知する必要があります。テキストを読むだけでは分かりにくい箇所を徹底的に解説しています。講師が、テキストや資料、問題等を示して、“どこがどのように大事なのか” “どのように憶えたらよいのか” “どのようにして解釈すべきか”等をレクチャーしていますので、テキストや資料、問題等を実際に手にして、大事な箇所の把握に努め、理解し、ひいては理解したモノを解答する力に変えていかねばなりません。

短い時間でも構いませんので、聴く時には、テキストや資料、問題等を手元に携え、学習してください。そうすることで、テキスト類はぼろぼろになるほどまでに使いこなし、最初は少しづつ新しい感覚や言葉に慣れて行き、だんだんと全体のつながりや大事な視点が見えてくるようになります。
地道な作業である“CD教材を聴く⇔問題演習をする“この栄養セントラル学院が26年間こだわってきた形が、合格をするために必要な大事なこと、なのです。

答えを出して、添削などを受けるのでなく、白紙の状態で予習無しで分かる構成になっている栄養セントラル学院の“分かる授業”を聴いて、その前後に連動させ答案練習(演習問題)と向き合う、この反復学習の中には、憶え方のエッセンスや、問題の解き方のコツ、更にはデータ改訂や法律改正、ガイドラインの変更や追記等の大事な要素が含まれています。
膨大な量の情報を独学で学ぶときのように検索しなくて済みますし、何より文字数や販売価格を基準に限られたページにまとめなければならない各出版社から出回っている××年度版テキストや問題集等では、足らない制度や法律の読み取り、ガイドラインの重点や施策の意図等を、タイムリーに必要な箇所だけ抜き取って効率よく学習できるのですから、多少遠回りに思えても、“CD教材を聴く⇔問題演習をする”この栄養セントラル学院の学習スタイル・合格するためのかたちが、いかにシンプルで大切であるかが分かって戴けると思います。

今すぐ、学習がスタートできます(2019年3月受験及び2020年3月以降受験共に対応)。

栄養セントラル学院なら、新年度版テキストが出来るまで等の理由で学習のスタートをお待たせすることはありません。今すぐから、学習がスタートできるのです。

どうぞ、少しでも早い学習のスタートを切り、合格を確実に射止めましょう。

学習を始めるに当たって、ご心配ご相談はなんなりと、学習アドバイザーが対応しておりますので、お気軽にお電話下さい。どうぞ、ご一緒に頑張りましょう。

一部の近圏の方に限られるかもしれませんが、ご入学前にお越しになれる方は、“CD聴講体験”に参加受講して戴くことも可能です。個別学習ができる実際の教室も入室の上見学して戴けます。平日営業日にお越し戴き、授業の様子を早回ししながら、複数の内容を聴講確認してみるクイック授業見回し体験&学習開始決定前の質疑相談(無料)、に参加戴くこともできます。こちらは個別にご予約をお取りしますので、プライベートなライフスタイルの相談も含めてより無理のない学習スタイルを決定していく助けとなることでしょう。

いずれの場合も、お電話でご予約の上(当日でも大丈夫な日もございます。)お越し下さい。栄養セントラル学院では営業の電話や勧誘などは一切行って居りません。

合格するために、何が自分を奮い立たせ、無駄なく少しでも無理なく志を持って頑張れるのか… じっくり考えてみてください。栄養セントラル学院には、熟練した講義力をもった講師陣(分からない方が着実に“分かるようになっていく”そんな授業)と“分かる教材”そして熱意あるアドバイス体制があります。栄養セントラル学院の短期間学習で、合格を射止めましょう。

今ご入学の方には、受講料を例年の定価よりお値引きし、ご優待価格で入学しやすい学習費用と、すぐに学習がスタートできる教材をご用意してお待ちしています。


  • 2012年管理栄養士講座
  • ご入学手続き
  • 2012年管理栄養士講座
  • 再チャレンジパック
  • CD通信
  • テキスト