まなびのへや

そろばん教室

【対象者】
 子ども(幼児~高校生くらいまで)

【開講の曜日と時間】

15:45~20:00
(入室は19:30まで)
9:30~13:00
(入室は12:30まで)

【開講の回数】

1か月に平均12回、1年で143~145回開講するよう調整しています。

【授業の時間】

  • 基本の授業時間は、来校した時刻から1時間です。
  • 振替や特訓などの理由により、1度に複数回分の授業を受けることも可能です。
  • 2時間以上受ける場合は、適宜休憩を入れています
    (例:授業1時間+休憩15分+授業1時間)。
  • 表記以外の曜日や時間において、個別指導などを希望の方はご相談ください。
  • 夏休みなどに開講時間を拡張する場合もあります。


【月々の費用】

●月謝

コース1時間(税込)2時間(税込)
月4回6,000円
(6,480円)
7,000円
(7,560円)
月8回7,000円
(7,560円)
8,000円
(8,640円)
月10回7,800円
(8,420円)
8,800円
(9,500円)

※学習の効率性から、月8回コース以上をおすすめして
 おります。

●その他

  コース共通(税込)
教材諸費 700円(税込750円)
施設利用料 750円(税込810円)

【入学時の費用】

●入学金

  コース共通(税込)
入学金 5,000円(税込5,400円)

そろばんを習い始める時期について

 たし算ひき算を覚えたころ、つまり小学1年生になってからが良いという指導者が時折いらっしゃいます。 しかし、当教室では、その限りではないと考えています。子どもの興味の度合や学習の環境によっては、4歳くらいから始めてもいいし、小学校高学年から始めてもいいと考えています。
 昨今では、小学校就学前に九九をマスターしていたり、漢字をたくさん書ける子がいます。電車の種類や駅名をスラスラ言える子もいます。子どもは興味をもつことに関してはびっくりするくらいの集中力を発揮し、習得していくものと思います。そろばんも、「興味をもつこと」が大事なのであって、年齢によって分けてはいません。小さい子でも、数に興味をもち「これとこれをあわせたら、なんこ」とか、そういう言葉を頻繁に発するようになったら、そろばんを始めても良い時期かもしれません。うちの子はできるかな?まだ早いかな?などとお考えの方は、体験受講(無料)はいかがでしょうか。体験の様子を講師がみて、まだ早いと思う場合には、そのようなお話も率直にしています。体験受講後に勧誘などはしておりませんので、お気軽にどうぞ。道具はお貸ししますので手ぶらで大丈夫です。

~メイン講師よりコメント~
そろばんが上手になると、どんないいことがあるの?
多くの生徒さんは、「計算(暗算)が早くなったこと」と言います。
私も子どものころ、そう言っていた記憶があります。
でも、大人になって改めて考えてみると、そろばんを通じて「あきらめない力」を
培ったことが、一番の財産だと気が付きました。
私はそろばんと子どもが大好きです。授業の日はわくわくして、足早に教室に向かいます。
同じように、足早に教室に向かう生徒さんが増えたなら、これ以上の嬉しいことはありません。
めだかの学校そろばん教室 こいでひろみ講師(珠算6段)


  • プリントアウト用PDF
  • まなびのへや
  • そろばん教室
  • ピアノ教室
  • 書き方教室(習字・硬筆)
  • 幼児教室
  • 栄養クッキング めだか+プラス