保育士国試対策講座

2016年度 実技合格確実レッスン(言語・造形)の概要

1、料金(レッスン・模擬試験) ※税込

申込項目一般一般(関係者紹介) 在校生・卒業生
基本レッスン(1回)6,500円6,000円5,500円
ミニレッスン(1回)2,000円1,800円1,500円
模擬試験(1回)4,000円3,800円3,500円
模擬試験(1回)
※未登録の方
5,000円4,800円4,500円

[資料]…レッスン料金に含まれています。



2、料金(その他) ※税込

項目一般一般(関係者紹介) 在校生・卒業生
実技レッスン 生徒登録料
(初回のみ)
3,500円3,000円無料
当日キャンセル料1,000円


3、レッスンの人数・タイプ・時間・必要回数

■レッスンの人数
・個別指導の時間を大切にしており、基本は、1回あたり4人以下の少人数グループで実施します。

■レッスンのタイプ
・「基本レッスン」…基本的には、こちらのタイプを選択頂きます。
・「ミニレッスン」…通常レッスン以外の日に、短時間でレッスンを希望される方は、個別で対応します。
 ※ミニレッスンの「言語」は、出来栄えを確認・指導します。「造形」は、作品等を添削・指導します。



■レッスンの時間

レッスン1回あたりの時間
グループ2時間半
個人2時間
ミニレッスン30分

※参加人数や理解度などにより、時間は多少前後することもあります。


■模擬試験の必要回数
・個人差があります。言語は1~3回、造形は2~4回くらいと考えてください。
・講師が、各レッスンの終了後、進捗をみて「今後レッスンに通う必要性」や「必要回数」を個別にお伝えしています。


4、宿題

・「言語」は、次回レッスンまでに練習・修正して頂きたい点を宿題として個別にお伝えします。
・「造形」は、各人の必要性に応じた宿題を出します。(苦手なパーツを描く練習、事例模擬プリントの配布など)
 ※宿題は次回のレッスンで提出頂き、極端に数が多くなければその場で添削・返却しています。
 ※「基本レッスン」以外の日に、作品を提出・添削希望の場合は、「ミニレッスン」を予約してください。

5、模擬試験

・両科目とも、1回ずつ参加しておくことをおすすめします。
・「言語」は、言語技術のほか、入室から退出に至るまでの所作などを含む22項目から評価し、採点表をお渡しします。
・「造形」は、加点や減点となるであろう7つの視点から、添削・評価をし、作品はその場で返却します。
・試験当日は、「何に対して緊張するか」は、人によって違います。「言語」の場合は、廊下で待ち時間に聞こえてくる他人の発表の音漏れにドキドキする人もいれば、審査員の硬い表情を見たとたん頭が真っ白になる人もいます。「造形」の場合は、問題文を読んで手が震えたり、他人の鉛筆のカリカリ響く音に緊張する人もいます。あらかじめ、本番と同じような状況を経験しておくことで、ご自身が何に対して緊張するかを知り、対策を講じておけば安心につながります。

6、レッスンの曜日・時間帯

・以下4パターンを用意しています。

月・木・金①19時半~ 
火・水②17時~ 
土・日③13時~④16時~

※調整上、できれば①②を先にご検討頂きたくお願いします。
※上表以外の曜日・時間帯を希望の方は、個別にご相談ください。
※模擬試験の日時は、別途お知らせいたします。


<予約の仕方>

・電話またはメールでお願いします。お問合せもお気軽にどうぞ
  電話:047-423-8877(代表)  090-2472-1080(直通)
  メール:hoiku@eiyo3.jp
・平成30年10月21日より予約を受付中です。

・基本的に申込順で予約受付しております。
・地震や極端な悪天候、講師の体調不良など、万一の場合には、レッスンを中止する場合がございます。その際には、予約された方へ、分かり次第ご報告・ご相談させて頂きます。


8、お支払方法

●レッスン・模擬試験の料金は、当日お支払い頂きます。
●おつりが出ないよう封筒に入れ、封筒には「お名前」、「申込項目」、「金額」を明記ください。
●レッスン開始前に事務員にお支払いをお願いします。領収証を発行します。


9、当日のもちもの

「言語」
 必ず要るもの…筆記用具
 必要に応じて…シナリオ、絵本、飲料水、のど飴、スリッパ

「造形」
 必ず要るもの…色鉛筆(12~24色程度)、鉛筆削り、けしごむ
 必要に応じて…練習で描いた絵、飲料水、スリッパ

*教室内での飲食は、においがきつくないものであれば、大丈夫です。
*貴重品は紛失した場合責任が負えませんので、お持ちにならないでください。


10、その他

・レッスン及び模擬試験に関するご質問は、直通へ電話をくださると講師が対応しますので、スムーズです。
・少人数につき、できる範囲のことは、一人ひとりに合わせて対応するよう心掛けております。一緒に頑張って、必ず一発合格しましょう。



  • 保育士試験資格について
  • 実技試験対策について